うさぎの選び方

うさぎの選び方うさぎは種類によって体の大きさや毛の長さ、性格などかなり変わります(参考:うさぎの仲間)。

あなたはどのような基準で家に迎えるうさぎを決めようとしていますか。一目惚れで決めるのも良いですが、健康で長く家族として一緒に暮らせるうさぎが良いですよね。

ここでは、うさぎを選ぶポイントや良いペットショップの見分け方を紹介します。特に良いペットショップの見分け方は知っておくと良い情報です。健康的なうさぎはペットショップの管理に左右されます。

うさぎを選ぶポイント

大人になった時の体の大きさ

子供の頃は手のひらサイズでも大人になると猫くらい大きくなるうさぎもいます。特にミニうさぎは注意が必要です。ミニうさぎは体がミニサイズというわけではなく、「雑種」のことです。大きくなってこんなはずじゃなかったと思わないためにも成体の大きさはチェックしておきましょう。

毛質(短毛種、長毛種)

毎日のお手入れが全く変わります。短毛種だと季節の変わり目だけ注意が必要ですが、長毛種の場合は毎日しっかりブラッシングや抜け毛のお世話が必要になってきます。お世話をする時間がない人は短毛種の方が良いかもしれません。

耳の形(垂れ耳はおっとり、立ち耳はやんちゃ)

見た目が大きく変わるので好みは分かれる所です。見た目だけでなく、性格もかなり違うので垂れ耳のうさぎ、立ち耳のうさぎの性格を事前に調べておきましょう。

良いペットショップの見分け方

健康的なうさぎを見つけるには良いペットショップを見極める目が求められます。中にはうさぎの知識もなく、一日中ケージに入れられて歩けなくなったり、衛生状態が悪く皮膚病などの病気になってしまっているうさぎもいるので良いペットショップを見つけることは大切です。

衛生的なショップ

床に動物のおしっこやフンが飛び散っていませんか。掃除は行き届いていますか。臭いは大丈夫ですか。不衛生なペットショップはいいかげんな掃除であったり臭いがひどいなど、すぐに分かると思います。

ペットに目が行ってしまいますが、一度店舗を見回して様子を観察してください。問題がある所はすぐに気がつきますので、そのお店で買うのは辞めた方が良いでしょう。いい加減な方法でペットも管理しているはずです。

狭い場所に何頭も詰め込まれていない

うさぎは鳴かないので不満があっても分かりにくいものです。たしかに猫と同じように狭くて薄暗い場所は好きですが、狭い場所に何頭も入れられているとストレスが溜まってしまいます。

通常、一つのうさぎケージで複数入れることはありません。注意が必要です。

うさぎの飼育環境が良い

うさぎケージの中を見れば一目瞭然です。干し草、水が十分な量があり無くなりそうになったら、すぐに補充される。床がフンやおしっこで汚れていない。

不衛生なショップでは大量のフンが床にありその上でうさぎがくつろいでいたり、干し草をいれる容器が空になっているので、すぐに気がつくはずです。

店員さんがうさぎについて詳しい

店員さんに「うさぎの選ぶポイント」や「日々のお世話」について質問してみましょう。丁寧に応えてくれる店員さんであれば大丈夫です。返答が曖昧ではぐらかしてくる人の場合は、知識を持っていない場合が多く、そのペットショップのうさぎは正しく管理されていない可能性が高いです。

良いうさぎの見分け方

ジャンプするうさぎ良いうさぎの見分け方を紹介します。健康であることは当然として、その他で特に重要なポイント(赤字)は必ずクリアしておきたいものです。

  • 夕方に行って様子を観察し、元気に動いている(食べている)
  • 体に丸みがある
  • 鼻水が出ていない
  • クシャミをしていない
  • 下痢をしていない
  • 毛並みが乱れていない
  • 活発に動いている
  • 食欲がある
  • 耳の中がきれい
  • かぶれや脱毛がない

住まいの準備

うさぎケージ

ケージのうさぎうさぎは犬や猫と違ってほとんどの時間をうさぎケージ内で過ごします。

そのため、うさぎの体の大きさに合うサイズのケージを用意しておくことが何より求められます。また、底が引き出し式になっていたり、おしっこガード(オスの場合)、キャスターがついてあると日々の掃除が楽になります。

うさぎケージの底の床材は汚れやすいので、プラスチック製のすのこがオススメです(木製のすのこでも問題ありませんが、終末にキレイに洗って日干ししたいです)。荒い目の金属網はうさぎの足を痛める原因となる可能性があるので、細かい目の金属網か、すのこを利用しましょう。

うさぎケージは思ったよりも大きなものです。大きな部屋や専用部屋に置くのであれば問題ありませんが、事前に設置場所(特に大きさ)の確認をしておきましょう。

うさぎのケージの置き方

トイレ容器

プラスチック製のトイレに網がついている製品が掃除が楽です。トイレには針葉樹の木の粉を固めたトイレ砂を使うと消臭効果もあり便利です。

エサ入れ

ペレットを入れる容器はエサ入れをひっくり返さないようにある程度重さのある製品が良いです。

干し草入れ

干し草を入れる容器を用意します。いつでも食べられるように食べやすい場所に設置しましょう。

給水ボトル

給水ボトルを用意します。飲みやすい場所に設置することがポイントです。ノズルが詰まらないように定期的な掃除を忘れずに。

ブラシ・爪切り

短毛種と長毛種ではブラシの種類があるので注意しましょう。また、爪切りは小さなハサミタイプのものを選び、時々爪を切りましょう。

 

関連記事

うさぎの毎日のお世話についてまとめています↓