うさぎがなめるのは愛情表現

うさぎが飼い主の手をペロペロとなめてくることがあります。

これはうさぎの愛情表現です。ペロペロとなめて好きな気持ちを伝えているのです。

また、「ブラッシングしてほしい。」「もっと撫でて欲しい」といった要求を伝える表現でもあります。

基本的には飼い主に甘えている行動ですが、全く逆の「もうやめて」という意味で使うこともあります。

ブラッシングや抱っこを長時間やっていると、「もうやめて」という意味でペロペロとなめることもあるので、うさぎの気持ちを汲み取ってあげましょう。

うさぎの愛情表現は他にもある

ペロペロなめる以外にもうさぎの愛情表現はあります。

手の下に頭を押し入れる

「もっと撫でて欲しい」という気持ちの現れです。

ふわもこで飼っているうさぎのみみこも頭を撫でられるのが大好きです。一日30分くらいナデナデして欲しいようです。

頭をナデナデするのを辞めると、手をペロペロ舐めてきてそして手の下に自分の頭を押し入れます。

「ペロペロしたから、今度はヨシヨシして!」と言っているようです。

鼻でツンツンつつく

足や背中を鼻でツンツンつつくことがあります。

ツンツンつつく時は、「もっとかまって」と伝えたい時にやっているようです。

何度もペロペロしたのに頭を撫でなかったり、足に体をすりすりしてきても構わないとこのような行動をします。

大抵、遊んで欲しかったり、甘えたい時にやるので、構ってあげるようにしましょう。

あんまり無視していると足を噛まれることもありますので、注意しましょう。

足の間を8の字に走る

最高にテンションが上がった時に足の間を8の字を描くように走り回ることがあります。

大好きな気持ちを全身で表しています。

頭をナデナデしたり、だっこしたりしてうさぎを喜ばせてあげてください。

 

←前の記事(うさぎの鳴き声の意味を知る)

関連記事