うさぎに悲しい思いをさせていませんか

次に上げることが当てはまるならうさぎを悲しませているかもしれません。

  • 牧草を切らしがちである
  • エサを上げる時間が遅くなりがち。
  • へやんぽの頻度や時間が少なくなっている
  • 話しかける頻度や時間が少なくなっている
  • 他の動物や子供との時間が多くなっている

毛づくろいをするうさぎ

うさぎの悲しいは人が作る

うさぎはうさぎケージの中で大半の時間を過ごし、触れ合う人も少ないです。

飼い主とのコミュニケーションが全てとなります。

ですので、飼い主の愛情には敏感に反応します。

これまでは遊んでくれたのに、あんまり構ってくれなくなった。

水が飲みたいのに新しい水を用意してくれない。子供だった時はすぐに用意してくれたのに。

飼い主の無関心がうさぎの悲しみを作ってしまうのです。

悲しいうさぎは攻撃的になったり、関心をひくためにいたずらをしたりします。

もっとひどい状態になると、無関心になって心を閉ざしてしまいます。

 

家族の一員として、毎日コミュニケーションをとることが大切です。

 

←前の記事(うさぎが嬉しいと感じる時)

次の記事(鼻と耳を使って情報収集)→

関連記事