主食のペレットを食べなくなるハムスターがいます。お菓子や野菜ばかり食べてペレットを食べなくなり困っている人が多いので、食事の工夫についてまとめたいと思います。

ご飯のあげ方

ここでは皆さんからお聞きしたご飯のあげ方について紹介します。

◯ペレットと野菜を一緒にあげると、野菜ばかり食べるので夜はペレット、朝は野菜をあげています。

◯ペレットをあまり食べないので、ペレット・煮干し・サプリメントをペースト状にしてあげています。

◯大きなペレットは砕いて小さくしてあげています。

◯飽きないように複数種類のペレットを混ぜてあげています。

◯病気の時はペレットをふやかしてハチミツや牛乳を混ぜてあげています。

◯不意に家に帰れなくなった場合に備えてペレットは多めにあげています。

◯好きなものから食べていくので、好きではないものを先にあげ好きなものは後にしています。

◯エサ入れにエサが無かったのでどんどんあげていたら、違う所に大量に保存していました。体重もどんどん増えていったので、量を減らしています。

おやつ・野菜のあげ方

◯薬をあげる時にヨーグルトを使いたいので、朝晩2回あげるようにしています。

◯かぼちゃを買った時は種を取り除き乾燥させて、ハムスターにあげるようにしています。

◯冷凍ミックスベジタブルをあげていましたが、翌日の昼に傷んで糸をひいていたことがあったのでそれ以降使っていません。

◯野菜の食べ残しがあった場合は撤去してペレットのみを残しておくようにしています。

◯おやつは手渡しであげるようにしています。エサ皿におやつを置かないようにしています。

◯太りやすいので動物性タンパク質は週に1回、ひまわりの種はご褒美にあげています。

◯夏は野菜や果物は腐りやすいので少なめにし、余っていた時はすぐに撤去しています。

ペレットは巣箱に隠す

エサをその場で食べるハムスターもいますが、ペレットはほお袋に隠して巣箱や床材の下に隠すハムスターもいます。「最近ペレットを残さず食べているな」と思っていると巣箱の隅に隠していました。

野菜やフルーツを毎日あげていると、ペレットは非常食として隠して食べないことがあります。餌を入れる容器に食べ物がないと新しいものをあげていると、そのことをハムスターは学習します。

ペレットを隠して、美味しいものを頂戴!と訴えて来ることがあるので、ハムスターの「何にも食べていませんよ」と訴える視線に負けず決まった量だけをあげるようにしましょう。

関連記事