ハムスターをお風呂に入れる必要はありません

ハムスターが毛繕いを頻繁にしていたり、臭いがするとお風呂に入れたくなりますが、基本的にハムスターをお風呂に入れることはしないほうが良いです。

ハムスターは体は小さいため濡れた後に体温が急激に下がりそれがきっかけに体調を崩すこともあります。

体が汚れていた場合の対処

基本的に毛繕いや砂浴びをして自分で汚れを落とすので、心配しなくても大丈夫です。

しばらく経っても汚れがハムスターの体に付いている場合は、ウェットティッシュやタオルを水に濡らしたもので体を軽く拭いてあげてください。

どうしても洗わないと行けない時

油がハムスターの体に着いた時はなかなか汚れが取れないので、洗面器に38度のお湯をはり体を洗ってください。洗った後は素早く乾いたタオルで体を拭いてあげてください。体を乾かすためにドライヤーを使うと音や風を嫌がるので、タオルで拭く方が良いです。

体が汚れる問題は環境にある

普通に生活していれば、ハムスターの体を洗うほど汚れることはありません。

ハムスターケージの掃除が行えていなかったり、与えているエサに問題があったり、砂浴びの容器がない、といった問題があると思います。

ハムスターが快適に過ごせるような環境を作って行きましょう。

 

←前の記事(かじり木を置いた方が良いのでしょうか)

関連記事