ナチュラルクリーニング

合成洗剤を使わず、体や環境に優しい素材でお掃除やお洗濯をする方法です。安全であることから子育て中のママにも関心が高まっており、最近ではメディアなどでも取り入れられる事も多くなってきています。
汚れにはアルカリ性と酸性の二種類があります。アルカリ性の汚れには酸性のお酢やクエン酸、酸性の汚れには重曹やセスキ炭酸ソーダなど、逆の性質を持つもので中和して汚れをとるのが基本です。

セスキ炭酸ソーダを使ってお掃除

セスキ炭酸ソーダに毒性はなく、掃除に使用する程度の濃さが口に入っても、ペットの体に異変が現れることはほとんどありません。セスキ炭酸ソーダはアルカリ性ですので、酸性の汚れを落とすことが得意です。

セスキ炭酸ソーダ水の作り方

セスキ炭酸ソーダ水は、水500mlに対し小さじ1杯が目安です。作ったセスキ炭酸ソーダ水は、2ヶ月を目途に使い切りましょう。

使用する場所

  • ケージ内の清掃
  • ペットのおしっこがついた布類
  • ペットの抜け毛が着いた衣類

使用の注意

木製のものにセスキ炭酸ソーダ水を使わないようにしましょう。変色することがあります。フローリングの汚れに使うと使用した場所にシミがつきます。

クエン酸を使って消臭

クエン酸は酸性でありアルカリ性の汚れを取る時に使用します。雑菌の繁殖を抑えることで臭いの拡大を防ぎます。尿などのアンモニア臭はアルカリ性なので酸性のクエン酸が有効です。

クエン酸がない場合は家にあるお酢でも代用できます。

クエン酸水の作り方

軽い汚れをとるためには、水200mlにクエン酸顆粒小さじ1杯が目安です。スプレーして使用します。

使用する場所

  • ペットのおしっこの消臭
  • 重層を混ぜて発泡させてひどい汚れの掃除

使用の注意

鉄に使用すると錆びてしまいます。また、コンクリートも傷むことがあります。

また、市販の塩素系洗剤や漂白剤などと混ぜると有毒ガスが発生するので絶対に併用しないでください。

 

←前の記事(いざという時の応急処置)

次の記事(かじり木を置いた方が良いのでしょうか)→

関連記事