ウンチを食べるのは問題ではありません

ハムスターを観察していると、排泄したウンチを食べていることがあります。

これは「食糞」といって正常な行動ですので問題はありません。

ハムスターは盲腸が発達しており、その中に植物繊維を消化するバクテリアを多く存在しています。

動物には植物繊維を消化するための消化酵素を分泌することができないため、このバクテリアの力を借りてハムスターは植物繊維を分解し、栄養として吸収しているのです。

しかし、盲腸内で分解され生まれた栄養素(たんぱく質やビタミンB群)は盲腸で吸収されることなく、排便されてしまいます。折角作った栄養素を吸収すること無く体外に出してしまうのです。

そこで、ハムスターは栄養豊富なウンチ(盲腸便)をもう一度食べることで体に栄養を取り込んでいるのです。

ウンチを咥えて捨てていることがある

ウンチを食べるのではなく、咥えてポイと捨てている様子を見かけることがあります。

巣箱からウンチを咥えて来てハムスターケージの端に捨てたりしています。

これはメス多くに見られる習性らしいです。

巣の中を清潔に保ち子供が病気にならないようにしているみたいです。

子供を産んでいなくてもこのような姿を見かけるのでそんなに珍しいものではなく、また問題のある行動でもありません。

ただ、トイレ以外にウンチを散乱させてそのままの放置していると、トイレ以外におしっこやウンチをしてしまうので、気がついた時に掃除をしておいたほうが良いでしょう。

ウンチをするハムスター

←前の記事(ハムスターが隠れていて遊んでいる姿を見れません)

次の記事(ハムスターを病気にさせない)→

関連記事