人間の食べ物は与えない

ハムスターが人に慣れてくると、人の気配を感じると近づいて来ます。「お腹がすいたよ。」というようなかわいい目で見つめて来ますが、人の食べ物を与えないようにしましょう。

動物性タンパク質としてチーズや小魚をあげることはありますが、少量に抑えてください。ハムスターが両手で持てる程度の大きさで十分です。

特にチョコレートやケーキなど糖分が多いものや、カフェインが含まれるコーヒーなどは注意が必要です。

ハムスターと人とでは体のつくりや必要な栄養素が異なるので、人の食べ物はハムスターの健康を害することもあるので注意が必要となります。

有害な成分を含む野菜

次に気をつける食べ物は有害な成分を含む野菜です。人間にとっては無害であってもハムスターにとっては有害な野菜があります。

例えば、ネギ類は赤血球を壊して腎不全を起こす可能性があります。アボガドは痙攣を起こす可能性があります。桃、びわ、さくらんぼも大量に食べると中毒症状を起こすことがあります。

次に上げる野菜・果物は注意しましょう

長ネギ、玉ねぎ、ニラ、生の豆、アスパラガス、ジャガイモ(芽と皮)、ワラビ、トマト(葉と茎)、アボガド、さくらんぼ、もも(樹皮と葉)、びわ、梅、ドングリ

有害な成分を含む植物

部屋においてある観葉植物にもハムスターにとって有害な植物があります。

ハムスターをハムスターケージから出して部屋で遊ばせる方は特に注意が必要です。

次に上げる植物は注意しましょう

アサガオ、チューリップ、紫陽花、ポトス、ヒヤシンス、ベゴニア、ベンジャミン、シクラメン、ホオズキ、ポインセチア、つつじ、スイセン、スズラン、パンジー、セントポーリア、カジュマル、ケシ、サトイモ、シダ、シャクナゲ、ショウブ

※この他にも注意する植物はあるので与える際は事前に専門書などで調べましょう。

←前の記事(トイレのお掃除)

次の記事(かかりやすい病気と健康管理)→

関連記事