ハムスターは回し車で遊ぶのが好きです。中には長い時間、回し車で走っているハムスターもいます。

一日中回し車を回している

いくら好きだといっても、朝昼晩ずっと回し車を回しているのは普通ではありません。

ハムスターケージから逃げようとしたいのかもしれません。飼育環境が悪くて、他の場所に逃げようとしているのかもしれないのです。

エサをもう少し多くあげる、エサの種類を増やす、穴を掘って遊べる、砂遊びができる、など飼育環境を見直してみましょう。

体にあったサイズの回し車を用意しましょう

回し車が好きでも、体に合ったサイズの回し車でないと健康を害することもあるので注意しましょう。

体のサイズに合っていないサイン

走っている時に体が反っている

回し車が小さいので、大きな回し車に変更してください。背中が反っている状態でずっと走ることになるので、背中を痛めることがあります。

走っている途中に飛ばされる

回し車が大きいので、小さな回し車に変更してください。高速で回し車を回していることがあるので、身体が宙に浮いて10cmくらい飛ばされることもあります。巣箱や餌容器などに身体をぶつけて怪我することもあるので、気がついたらすぐに交換することを勧めます。

回し車の選び方

大型のハムスター(ゴールデンハムスター)と小型のハムスター(ドワーフ)で、回し車を用意しましょう。

大型のハムスター

ゴールデンハムスターのサイズに合うように直径20cm以上の回し車を用意します。

小型のハムスター

ジャンガリアンハムスターやロボロフスキーハムスターのサイズに合うように直径12cm以上の回し車を用意します。

 気乗りしない時の回し車

関連記事

←前の記事(水の交換)

次の記事(トイレの掃除)→